優れた抗菌作用を持つハチミツ

マヌカハニーが若い女性を中心に人気を博しています。
ニュージーランドのマオリ族がマヌカハニーがとれるギョリュウバイのことをマヌカと呼んでいることからこの名前が名付けられました。
ギョリュウバイは花期になるとウメに似た可愛らしい花を咲かせます。
この花の蜜から蜂たちが集めたマヌカハニーには優れた抗菌作用があると言われています。
その優れた抗菌作用の源となっている成分が天然のメチルグリオキサールです。
天然メチルグリオキサールが豊富に含まれている天然ハチミツはマヌカハニーだけと考えられています。
抗菌作用の他にも整腸作用や美肌にも良いと言われ、日本でも多くの方に親しまれています。
天然メチルグリオキサールの抗菌作用はどのマヌカハニーでも同じわけでは無いので選び方が大切です。

ちなみにマヌカハニーの選び方に関してはこちらのサイトを参考にしてみてください。

 

参考:マヌカハニー


マヌカハニーにはUMFと言う規格があり、どのくらいの抗菌作用があるのか数値で分かり易くしています。
10+と15+と20+と25+の4種類の数値がありますので10+以上のマヌカハニーを選びたいところです。

ダイエット中の朝ごはん

ダイエットを成功させるにはなんといっても食事の管理は大切です。
太ってしまう原因は運動不足や代謝の衰えなどもあげられますが、やはりカロリーオーバー、食べすぎによるところは大きいので、適正なカロリーを維持していくことが大切です。
摂取するカロリーが少なければそれだけ痩せやすいと言えますが、極端に食事を抜くことは体に良くありませんし、リバウンドもしやすいので、食事制限を行うときも無理のない範囲で初めていきましょう。
そして朝ごはんは食べたほうが良いのか、それとも抜くべきなのか悩んでいる人もあるのではないでしょうか。
まず、朝はしっかり食べておかないとお腹がすく、力が出ない、集中力が落ちるという場合はやはり適度に食べておいたほうが良いでしょう。
お腹が空くと反動で食べ過ぎてしまう傾向にありますが、朝食を食べておくことでその後の食べすぎを防ぐことができますし、空腹のストレスも抑えることができます。
そして、朝は食べることが苦手という場合は、無理に食べる必要はないと言えます。
食べたくないときに、無理に食べると胃腸にも負担がかかってしまいます。
そしてこの場合もまったく何も口にしないのではなく、野菜たっぷりのスムージー、ヨーグルト、果物など軽いものを食べておくと集中力の低下を防ぐこともできます。
置き換えダイエットも人気ですが、こうした方法でダイエットしたいという場合もまずは朝食のみを低カロリー食やドリンクに置き換えてみることもおすすめです。